3E924DEF-BB6C-4B04-B74D-3E57FA1C635F


※今回は蟻の話が出るので虫嫌いな方は読むことをおすすめしません※


高身長!豊満!脂肪!筋肉!というような実在の巨女とは別に、すこしフィールドの違うファンタジー巨女のフェティッシュも存在する。

ファンタジー巨女には大きく2種類あって、
女性がとにかく巨大化する(建造物や、山や、もっと!地球より大きく描かれてることもある)giantess
と、
女性はそのままで、男性が手のひら大…更にもっと小さく虫けらのように小さく縮むshrinker
がある。とわたしは認識しています。あってると思うんだけどもし違ってたらこっそり教えて。そしてわたしはどっちも好き。


わたしはSNSなどでそういうフィクション絵を見て楽しむことがあるし、自分の写真の背景を描きかえて遊んだこともあるし、ファンタジー妄想系のフェチだから、実際にセッションでそういうプレイするなら、なりきり妄想力がかなり試されるな、シミュレーションしておかないとな…と考えていた。


先日、部屋で読書中、視界の端に違和感を感じそちらを見たら、壁に蟻が1匹這っていて。
ああ夏だもんね、窓開けてたら虫くらい入ってくるわよねえと、ティッシュを持って壁に近付き、蟻をとって潰してゴミ箱に捨てたの。

そのとき、ファンタジー巨女って、こういうことなのでは?とハッとした。
視界に入ってきただけの蟻(しかも彼らはたぶん餌を探して必死に生活しているだけだ)を、目障りという理由だけで、無感動にとって捨てる。

すごい。圧倒的な暴力。

この場合わたしはその暴力を行使する側だけど、巨大な生き物に街や体を蹂躙されるフェチというのは、この圧倒的な力に魅力を感じてるはず。される側の、しかもそれフェチの側から見たら、どんな恐怖と絶望と、興奮だろう。

そんなことが頭の中に広がって、しばらくフリーズしてしまった。想像だけで知っていたことが、自分の体験と繋がったときの快感よ…。こういうことがあるから、やめられないなあ…!


気付かせてくれたことには感謝してるけど、わたしは蟻とは共生できないので…。近いうちにトラップを仕掛けようと思っています。


join my fantia ;)
‪わたしのかわいい変態たち (美久仁/plus size dominatrix Mikuni)|ファンティア[Fantia] https://fantia.jp/fanclubs/42456

◆ランキング参加中◆
女王様データベース参加中です。クリック・入場して応援よろしく!


女王様データベース




大阪難波M専科Ishtar-イシュタル-
OPEN:13時~22時 不定休
TEL:06-6641-7676
HP: http://ishtar-sm.com/


Twitter:美久仁 twitter
Instagram http://www.instagram.com/mistressmikuni/